Akiko's life
   年   代 年齢             晶子(寛)生涯のできごと        作 品
1878(明治11)    12月7日、鳳志よう(後の与謝野晶子)誕生

1880(明治13)  2  8月、弟の壽三郎誕生

1884(明治17)  6  宿院小学校入学
 6月、寛、安養寺(大阪府住吉郡遠里小野村)の養子になる

1888(明治21) 10  宿院小学校卒業、堺女学校(現大阪府立泉陽高校)に入学

1891(明治24) 13  堺女学校卒業

1879(明治32) 21  2月、『よしあし草』(関西青年文学会機関誌)に詩を発表

1900(明治33) 22  8月、後に夫となる与謝野鉄幹(本名寛)と出会う

1901(明治34) 23  6月、上京、そして与謝野鉄幹(寛)と結婚
 処女歌集『みだれ髪』
1904(明治37) 26  9月、「君死にたまふこと勿れ」を『明星』に発表
 歌集『小扇』
 鉄幹(寛)共著『毒草』
    (詩歌文集)
1905(明治38) 27  寛は鉄幹の号をやめる
 山川登美子・増田雅子
 合著『恋衣』
1906(明治39) 28  閨秀文学会で寛とともに講師をする  歌集『舞姫』
    『夢の華』
1908(明治41) 30  11月、『明星』100号で廃刊  歌集『常夏』
1909(明治42) 31  『源氏物語』の現代語訳を執筆しはじめる  歌集『佐保姫』
1911(明治44) 33  9月、「青鞜」創刊号に詩「そぞろごと」(後に「山の動く日」)
      
を発表
 11月、寛が渡欧
 歌集『春泥集』
 評論集『一隅より』 
1912(明治45)
(大正元年)
34  5月、寛(鉄幹)を追って、一人でパリへと旅立つ
 10月、帰国 以後評論活動が中心となる
 12月、小説「明るみへ」を東京朝日新聞に連載
 歌集『青海波』
 小説集『雲のいろいろ』
 現代語訳『新訳源氏物語』
 1913(大正2) 35  1月、寛、ヨーロッパより帰国
 1914(大正3) 36    詩歌集『夏より秋へ』
 寛共著『巴里より』
  (紀行文、詩)
 童話集『八つの夜』
 現代語訳『新訳栄華物語』
 3巻
 1915(大正4) 37  4月、寛が衆議院議員選挙に立候補して落選
 8月、東京の富士見町へ転居


 詩歌集『さくら草』
 自選歌集『与謝野晶子集』
 評論集『雑記帳』
 歌論書『歌の作りやう』
 童話集『うねうね川』
 寛共評釈『和泉式部歌集』
 1916(大正5) 38  7月、上田敏の死にショックを受ける







 歌集『朱葉集』
 詩歌集『舞ごろも』
 評論集『火と及び女として』
 現代語訳
  『新訳紫式部日記 
   新訳和泉式部日記』
  『新訳徒然草』
 小説集『明るみへ』
 評釈書『短歌三百講』
 
 1917(大正6) 39  9月、男の子を出産するが生後2日後に亡くなる
 歌集『晶子新集』
 評論集
  『我等何を求むるか』
  『愛、理性及び勇気』
 1918(大正7) 40  12月、白鬚神社(滋賀県)に寛・晶子の歌碑建立  自選歌集『明星抄』
 評論集『若き友へ』
 1919(大正8) 41  4月、寛、慶応義塾大学教授に就任(〜昭和7年3月)




 歌集『火の鳥』
 評論集『心頭雑草』
      『激動の中を行く』
 童話集
  『行って参ります』
 歌論書『晶子歌話』
 『晶子短歌全集』全3巻
 1920(大正9) 42  8月、西村伊作をはじめ、寛などと「文化学院」創設の
    ための話し合いが行われる
 評論集『女人創造』
1921(大正10) 43  4月、西村伊作、鉄幹とともに「文化学院」を設立
 11月、第2次『明星』刊行(〜昭和2年4月)
 歌集『太陽と薔薇』
 評論集『人間礼拝』
 1922(大正11) 44  森鴎外が亡くなり、寛『鴎外全集』編集主任となる  歌集『草の夢』
 1923(大正12) 45  2月、寛(鉄幹)50年誕辰祝賀晩餐会が開かれる
 9月、関東大震災で『新新訳源氏物語』の原稿が焼失
 評論集『愛の創作』
 1924(大正13) 46  下荻窪に「采花荘」を建築  歌文集『流星の道』
 1925(大正14)  47  10月、寛、正宗敦夫とともに『日本古典全集』の編者
     となる(〜昭和6年10月)
 歌集『瑠璃光』
 評論集『砂に書く』
 1928(昭和3)  50  5月〜6月、寛とともに満蒙の旅に出かける  歌集『心の遠景』
 評論集『光る雲』
 1929(昭和4)  51  7月、寛たちとともに九州の旅に出かける  鉄幹(寛)共著歌集
 『霧島の歌』
 1930(昭和5)  52  3月、『冬柏』創刊
    寛、文化学院辞職
 4月、文化学院女学部長就任
 鉄幹(寛)共著歌文集
 『満蒙遊記』
 1935(昭和10)  57  3月、与謝野寛急性肺炎のため62歳で亡くなる
 1942(昭和17)    5月29日、与謝野晶子63歳で亡くなる  遺稿集『白桜集』
  (平野万里編)
与謝野晶子