与謝野晶子関係の本
種類 書 名(著者) 出版年 出版社 管理人より一言コメント
 生涯  年表作家読本 与謝野晶子
 (平子恭子)
1995  河出書房新社  私のこのサイトを作るにあたって教科書的に1番参考にしている本です。オススメbP
 新潮社日本文学アルバム
与謝野晶子(入江春行編)
1984  新潮社  とにかく晶子関係の貴重な写真が多いので、写真集のような感覚で晶子の姿を知ることができる
 まんが人物館 与謝野晶子 (入江春行監修) 1996  小学館  与謝野晶子の生涯がまんが形式でかかれている。年譜付きで、小・中学生には特におすすめ
 鑑賞与謝野晶子の秀歌(馬場あき子) 1984  短歌新聞社  晶子の生涯を歌を通してみていくもの。歌人馬場あき子が見事に解説している
 与謝野寛・晶子書簡集成全4巻(逸見久美編) 2001  八木書店  晶子と鉄幹(寛)の書簡を収録。晶子と鉄幹の交友の広さ、筆まめさを知るだけでなく、書簡にのみ書かれた未公開の歌などもあり貴重
 与謝野晶子と周辺の人びと ジャーナリズムとのかかわりを中心に(香内信子) 1998  創樹社 晶子の生涯を多彩な人間関係の中で浮き彫りにした。人物の索引などあり。資料的な価値も高い。
 回想  晶子と寛の思い出(与謝野光) 1991  思文閣出版  晶子、鉄幹の長男の回想
 むらさきぐさ-母晶子と里子の私-(与謝野宇智子) 1967  新塔社  晶子、鉄幹の四女の回想。古書店で取り扱っている
 みだれ髪-母・与謝野晶子の全生涯を追想して-(森藤子) 1967  ルック社  晶子、鉄幹の末娘の回想。古書店で取り扱っている
 姑の心、嫁の思い-義母・与謝野晶子との会話-(与謝野迪子) 1988  PHP研究所  晶子、鉄幹の長男光の妻の回想。古書店で取り扱っている
 どっきり花嫁の記-はは与謝野晶子-(与謝野道子) 1967  主婦之友社  晶子、鉄幹の次男秀の妻(与謝野馨氏の母)の回想。古書店で取り扱っている
 作品  定本与謝野晶子全集
     <全20巻>
1979  講談社  現在刊行されている全集の中で最も整理された全集。しかし収録されていない歌も多い。
 鉄幹晶子全集 全45巻  2001〜  勉誠出版  与謝野鉄幹と晶子二人の作品を収録した全集
 与謝野晶子歌集 1943  岩波文庫  晶子の各歌集よりいくつかの歌を収録。文庫本なので手軽に読みやすい
 与謝野晶子評論著作集全21巻(内山秀夫・香内信子編)  2001〜  龍渓書舎  いわゆる晶子の評論集を原文のまま復刻しているだけでなく、貴重な随筆や小説、翻訳、アンケートにいたるまで収録されている。索引巻は未発売
 与謝野晶子評論集
 (晶子著・鹿野政道ほか編)
1985  岩波文庫  晶子の評論集を収録している数少ない本の一つ。現在絶版と思われる。
 風呂で読む『与謝野晶子』(松平盟子) 1999  世界思想社  晶子の歌と解説。お風呂で読めるように水をはじく特殊な紙を使用している
 みだれ髪 チョコレート語訳1、2〈俵万智訳) 1998  河出書房新社  晶子の『みだれ髪』を俵万智が訳したもの。
文庫本もあり
 全訳源氏物語 上・中・下巻 1971  角川文庫  晶子訳1回目の『新訳源氏物語』を収録
 童話 金魚のお使い
   (上田博・古澤夕起子編)
1994  和泉書院  晶子の童話を収録
 童話 環の1年間
   (上田博・古澤夕起子編)
1994  和泉書院  晶子の童話を収録
 与謝野晶子詩集 
   春の風我にあつまる
(上田博・古澤夕起子編)
1997  啓文社  晶子の詩を収録。全集未収録の詩が多く、晶子の詩はあまり知られていないため貴重である
作品
研究
 新みだれ髪全釈(逸見久美) 1996  八木書店  『みだれ髪』全歌についての解釈と解説
 小扇全釈(逸見久美) 1988  八木書店  『小扇』全歌についての解釈と解説
 夢の華全訳(逸見久美) 1994  八木書店  『夢の華』全歌についての解釈と解説
 与謝野晶子の歌鑑賞
 (平子恭子)
2003  短歌新聞社 晶子の歌の中から著者が選び、それぞれに詳しく解説している
 与謝野晶子童話の世界
 (古澤夕起子)
2003  嵯峨野書院 歌人与謝野晶子だけでない童話作家としての晶子に焦点をあてたもの、晶子の童話も収録
資料  資料 与謝野晶子と旅
           (沖良機編)
1996  武蔵野書房  晶子がいつどこに旅に行ったのかが克明に年表スタイルでまとめられている
 晶子歌碑めぐり(全国版)
        (堺市博物館編)
1991  二瓶社  全国にある晶子・鉄幹の歌碑を写真で紹介。現在はもっと歌碑が増えているので、すべて網羅されているわけではない。現在廃刊の可能性が高い